スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲野善紀の暮らしのなかの古武術活用法―2006年7月~9月 (NHKまる得マガジン) |甲野 善紀

甲野善紀の暮らしのなかの古武術活用法―2006年7月~9月 (NHKまる得マガジン)甲野善紀の暮らしのなかの古武術活用法―2006年7月~9月 (NHKまる得マガジン)
甲野 善紀
日本放送出版協会 刊
発売日 2006-06




自他共に身体に負担が掛かりにくい介護の参考書に・・・ 2009-12-22
武道を始めとした各種スポーツにしても、介護にしても、妙に力むと大概ロクな事に
なりません。 筋を痛めたり捻挫したり、軟骨がはみ出したり神経を痛めたり・・・
その辛さは実際に経験した人しかわからないでしょうし、そんな辛さに耐えながら日
々の生活を送っている人が非常に多いであろうことは、盛んに喧伝される各種サプリ
メント類のTVCMの種類の多さと放映頻度で想像に難くありません。

身体の力を抜いて横たわる人は、まるで砂袋のように重たい物です。 手先とか腕力
で動かしたり抱え起こす事など、到底できるものではありません。
そこで、解剖学的・合理的・力学的な知識が不可欠になってくるのですが、今回私が
購入したこの本には

(1)様々な理由でバランスを崩して倒れ込んだり、倒れそうになった場合の受け身
   の方法 (柔軟体操にも通じているので、常日頃から練習しておくのがベスト)
(2)一見奇異に見える「ナンバ歩き」(ネット検索で出てきます)は、身体をひね
   らないので疲れにくい
(3)「キツネの手」と呼ばれる掌形は、腕力に頼りすぎるのを防いで体力の温存に
   合理的
(4)介護中によく出くわすシーン(椅子に座らせる、布団から上体を起こす・ベッ
   ド周辺での各種動作・・・・・

等が、大きめな写真で印刷してありますので、休憩時間にイメージトレーニングをし
たり、同僚を巻き込んで実際の模擬演習をしたりしてみようと思います。(笑)





無理の無い体の使い方 2009-08-12
古武術の無理のない体の働きを取り入れた動きから、日常の生活防御方法や介護方法を写真で解説。限られた紙面に、奥の深い動きの極意がちりばめられている感じがする。


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫
スポンサーサイト

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

痴呆を生きるということ (岩波新書) |小澤 勲

痴呆を生きるということ (岩波新書)痴呆を生きるということ (岩波新書)
小澤 勲
岩波書店 刊
発売日 2003-07-19




文句なく名著 2006-07-10
すばらしい本だと思った。
発行から二年で既に13刷されているのは伊達じゃない。

痴呆という病気を生きる人の心を読み解き、痴呆を抱える人と共に生きるための指針が見えてくる。

「ぼけても心は生きている」
「ぼけても安心して暮せる社会を」
これが、著者の言いたいことのほとんどすべてなのだそうだが、
この二つの言葉の重さは、
痴呆を抱える人と共に暮した経験を持つ人でないとなかなかわからないのではないだろうかと思う。

しかし本書を読めば、きっとその経験不足を補うことができるだろう。

前半での小説を題材にした痴呆の実例の解説には、崇高さすら漂っている。
その崇高さは、ぼけても心は生きているということの証明であると同時に、命の尊さの源泉なのだと思う。



この本だけでした 2006-06-16
遠く一人暮らしだった義母が痴呆になり、一年前から我が家で介護しています。
それまで認知症の人と接触した経験がなく、何もかもがわからないまま介護が始まり、
図書館に通って「認知症」「痴呆」「介護」と名のつく本を手当たり次第借りて読みました。

たくさんの本の中で、唯一、この本だけが役立ちました。




さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ M14枚 |ライフリー

ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ M14枚ライフリー 尿とりパッドなしでも長時間安心パンツ M14枚




現状、これが頼り。 2009-11-27
男の介護はがんばりすぎると言われますがその通り、父親を最初は在宅で何とかヘルパーさんの手を借りながら一人でやっていましたが体調を崩し今はショートステイを利用してホームに週の大半を預け週末だけ在宅介護をしています。そのときにこのリハパンを使うのですが吸水量が知る限りでは最も多いのですが尿量が多いと7回は無理なようです。それと水分を含むにしたがって重くなりズリ下がって隙間ができそこから漏れてしまいます。そのあたりの改良がされるとさらに使いやすい製品になると思います。三好先生が紙おむつをはずすことについて著書で書いておられますがなかなか実践は難しいです。要介護者の状態によってはやはりやむを得ないところと言わざるを得ません。1パッケージ14枚入りですが継続して使うとすぐになくなってしまいます。50枚くらいのお徳用パックなどがあると頻繁に買わなくてもすむので助かるのですが。パッドと併用できる人はそのほうが経済的ではありますがウチの場合は自宅ではできないので困るのです。

希望の光 2009-07-04
毎朝、父の布団をのぞくのが憂鬱だった母の希望の光です。
これまでは、どのパンツを使っても、パッドを重ねても、ほぼ毎日、シーツ・掛け布団ともにびちょびちょになっていました。
リハビリ病院に入院中も「おたくのお父さんは尿の量が多いから」と説明があり、防水シーツも予備を買うように言われたり、一晩に多いときには5,6枚のパンツを使われていたりしたようです。(夜中に替えてもらっていたわけではないので、重ねていたのでしょうか)
今は、殆ど布団をぬらすことはありません。寝る前にトイレをすませてからこのパンツにはきかえておけば、100パーセントではありませんが、ほぼ大丈夫です。
これのおかげで梅雨を乗り切ってこられたと思っています。


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

高齢者介護 急変時対応マニュアル (介護ライブラリー) |美濃 良夫

高齢者介護 急変時対応マニュアル (介護ライブラリー)高齢者介護 急変時対応マニュアル (介護ライブラリー)
美濃 良夫
講談社 刊
発売日 2007-11-30




転職組の介護職には非常に心強い一冊 2008-08-10
医療福祉系の学校などを出たわけではない人が、
転職で介護職になった場合など、そもそも介護技術すら
不十分な状態で実務に臨んでいる様な場合には、
この本は非常に心強いモノになると思います。

「急変」などという緊急事態で、介護職に最も期待されている
役割は、慌てずに対応し、必要な情報を正確に集め、速やかに
看護師や医師などの専門職へ取り次ぐということだと思います。

専門的な教育を十分に受けないまま現場に出ている場合、
日々様々なことを学ばねばなりませんが、なかなか急変時に
どうしたら良いのかまでは学ぶことが出来ません。そもそも、
どのような「急変」があるのかさえ分からないからです。

そのような状態の介護職がこの一冊を読むと、
急変時に「慌てなくなる」可能性が非常に高くなると思います。

オススメ! 2008-07-21
夜勤をするスタッフにとって(勿論それ以外のスタッフにとっても)心強い一冊になるかと思います。非常にわかりやすく為になる本です。介護スタッフとして知っておくべき事がしっかりと書かれています。一冊は手元に置いておきたいですね。


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

家族を看取る―心がそばにあればいい (平凡社新書) |國森 康弘

家族を看取る―心がそばにあればいい (平凡社新書)家族を看取る―心がそばにあればいい (平凡社新書)
國森 康弘
平凡社 刊
発売日 2009-12




幸せになるヒントがいっぱい 2010-01-28
なんとなく自分とは縁遠いはなしだと思っていたけど、あるきっかけで手に取ることになり読んでみると目から鱗の本でした。看取りは、旅立つ人を周りの人が勇気付けるものだと思っていましたが、実は看取るこちら側が充足感と感謝で満たされる大切な儀式なのだということがわかりました。他人の生を見送るものではなく、自分の生を充実させるものなのだと。まだ実感としてはわかりませんが、これからそういう機会があれば自分も積極的に看取りたいと思えました。
また、実際に看取ることができなくても、遠くで思っているだけで思いは実際に通じるという実験結果の紹介がとても面白かったです。現在、子供を保育園に預けて働いていて、子供を手元で育てていない罪悪感を感じることもありましたが、「離れていても思っていれば思いは通じる」ということは育児にも当てはまるのかなと思い、勇気づけられました。
この本は、単に今現在看取りの現場にいる人だけでなく、いろいろな立場の人にとってそれぞれに勇気づけられる貴重な一冊だと思います。


誰もに読んで欲しい大切な1冊! 2010-01-07
 本書は、死と向き合うことの極めて少ないこの現代社会で、「看取り」を通して死をどう受け入れるのかを伝える渾身のルポルタージュ。
 著者は、看取りの家である「なごみの里」で、終末期を迎えた「幸齢者」と心から向かい合い、時には自らが介護パンツを履いて介護される側の不自由さも体験する。
 様々な看取りの家族のことが紹介されているが、共通するのは、旅立つ人も、見送る人も最後の言葉は「ありがとう」とかけ合う感謝のことばだ。「看取り師」の柴田久美子さんは、 死は究極の贈り物であり、エネルギーを次の世代へ受け渡す命のリレーだという。
 インドのホスピス「死を待つ人々の家」を設立したマザーテレサは、「私たちは大きなことはできません。ただ小さなことを大きな愛でするだけです」、という言葉を残している。命の最後の瞬間に、もっとも大きな愛で抱きしめる。それが本書が伝える「看取り」のあり方だ。著者が言うように、私たちすべてが、1億2000万分の1の「みとりびと」なのだ。
 世代を超えて、誰もに読んで欲しい大切な1冊です。


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」 |荻野 アンナ /甲野 善紀

古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」
荻野 アンナ /甲野 善紀
祥伝社 刊
発売日 2006-10




なんじゃこりゃ! 2009-09-03
 理学療法士です。立場的に介護の現場で介助方法などを指導する場面もありますが、自分の知識とテクニックではうまくいかないことが多く、古武術を習い始めたところです。この書は古武術導入者にはおもしろく書かれており、目からうろこでした。
 介護の場面で使うならより専門的な書物が良いかも知れませんが、この本は生活にすぐ役立つ点で良いと思います。
 80kgを超える元レスリング部だった主人を軽く吹っ飛ばしてしまいました。おもしろかった!

腰痛の父の介助のため 2009-03-27
77歳の父が突然の腰痛で朝自分で起きられない!
さあ大変、娘の私には私より重い父を起こすことができない。
ワラをもすがるつもりで本屋へ行きました。楽に寝ている人を起こすやり方が書いてある本を探すためです。
そういえば、以前テレビで甲野さんとかいう方が、古武術で楽に人を起こしたり物を運ぶやり方を教えていたっけ…と古武術のコーナーに行ったら置いてありました。
わかりやすい楽しいイラスト付きで手順が書いてあり、とにもかくにも"寝ている人を起こす方法"をまず探して実践してみたら、本当に私にも出来ました!
私は何の力も入れずに私より重い父を簡単に起こすことが出来たのです。
座り込んだ人を立たせるというのも、すぐ使えました。
本当に困っている時に、大変役に立つ本だと思いました。


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

それでもやっぱりがんばらない (集英社文庫 か 39-4) |鎌田 實

それでもやっぱりがんばらない (集英社文庫 か 39-4)それでもやっぱりがんばらない (集英社文庫 か 39-4)
鎌田 實
集英社 刊
発売日 2008-02-20




自分ではなんともならないことはがんばらないでいることか。 2008-07-21
病気や怪我の後のような、その時点では自分ではなんともならないことがあることは理解できる。何かをがんばっていないといけないと思う気持ちもある。
それでも、やっぱりがんばらないことも大事かもしれない。
「命を守るコツ」として、「言葉を受けとめるということ」、「命につきあう」、「言葉が見つからないとき」など。
なんともならないことと、なんとかするというような意気込みではなく、淡々とやっていればよいことがあるのではないかということを思いました。


それでもやっぱり、読んでよかった 2008-03-06
ちょっとだけ人の気持ちになってみる
ちょっとだけ相手の側に立ってみる
それを想像力というのだろうか
ほんのちょっとの心がけが誰かを幸せな気持ちにし、自分もイヤな気持ちにならない。
読むたびに「ああ、そうだな」と思う話がいっぱい。
全部、この本のような気持ちで毎日を過ごせたらいいだろうけど、やっぱりそれはちょっと無理。
それでもやっぱり、読んでよかった。


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

見て覚える!介護福祉士国試ナビ〈2010〉

見て覚える!介護福祉士国試ナビ〈2010〉見て覚える!介護福祉士国試ナビ〈2010〉

中央法規出版 刊
発売日 2009-07




絵や表が多く、頭の中で整理しやすい。 2010-01-31
たまたま、本屋で見つけて購入。
過去門を解いてみて、
心理や、医学などの一部はすでに別の試験でまなんでいたのですが、
法律や実技が苦手でした。
この本はとてもうまくまとめられていて、
最初から順番に読んでいくと、効率的に勉強できるように
組まれています。
中身もカラーです。頭に残りやすくて好きでした。
本番はマーク式なので、
練習問題はやらないといけないけれど、
この本を何度か読んでから、
練習問題を解いて、
わからなかったら、この本で調べてふせんをつけるようにしました。
本番前も持って行きました。
とても役に立ちました。よかったです。

はかどります 2009-11-11
介護保険法、老人福祉法などを参考書で進めているうちに複雑で頭が混乱しました。制度を整理したくて表やグラフで分かりやすいこちらの本をサブとして購入しました。始めは、参考書で勉強した事を確認の意味で使用していましたが、もっと効率的に活用できる方法を見つけました。

まず、参考書は読まないで、本の順番通りによく読んで理解してノートに書きます。ひと区切りした後、参考書を読むと驚く位頭に入ります。始めは気づかなかったけれど、ちゃんと理解しやすい順番で流れを追ってページが構成されています。それに気づいてからは、この本のページをいったり、きたりしなくなりました。

細かくて複雑な法律、制度から入るのではなく例えて言うならば森を理解してから木の勉強を始めていく事が効率的に勉強を進めていける方法です。最初からこのやり方で勉強していれば社会福祉概論、老人福祉論はもっと早く終わらせていただろうと思います。

お勧めです


さらに詳しい介護用品情報はコチラ≫

theme : 介護
genre : 福祉・ボランティア

介護関連情報

介護関連
カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。